スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑草 

先週は生まれて半世紀、かつて経験したことのない猛暑日が続いた。営業中にプチ熱中症にかかり、月曜日は代々木から、水曜日は市谷からと事務所に戻ることなく直帰。暑さで事務所のPCもぶっ壊れた。こうなったら最終兵器である自宅近所の高級ハイブリッド喫茶店「おおつか」へ行くしかない。PCを借り小一時間程で業務連絡を済ませ飲みに突入。ある時は喫茶店、ある時はネットカフェ、そして居酒屋と機能を3つも兼ね備えるハイブリッドな店なのである。

そうそう、S惑星のヘロママが「火曜日は日射病にかかって店を休んだ」と言った。40年以上前によく使われた言葉であるが日射病は今では死語、私の母さえもう使うことはない。「日射病になるから野球帽をかぶりなさい!」とはよく母に言われたが…。先週の暑さで自宅の玄関近くに生えている小さな雑草が枯れていた。庭の雑草もそうあってほしいと庭に行くと、もうそこはジャングル。雑草が青々と茂っている。私の身長ほどあろう雑草たちのカーニバル状態。

雑草が私の腰の高さ位の時、雑草を引っこ抜こうとゴム手袋だけは買って用意しておいた。その後、暇を持て余しているにもかかわらず暑さでやる気が出ない。マンションのベランダに水を撒きデッキブラシで掃除するのは何度も経験があるが、一軒家の庭の草むしりはとても苦手。事情があって戻った実家なので家に対する愛情の欠片もない。草むしりをやるべきか?それとも秋になって枯れるまで待つか?悩みは尽きない。って言うかやってられないなぁ~が本心。

今年に入り、早くやらなきゃのような背負う荷物が多い。すぐに行動は起こせずも遅れて解決はしている。そう、ジャズ用語にある「デレイド・リゾルブ」。今、アドリブ演奏している私はこの小節を決してその構成音で弾くことはない。4小節、いや8小節先を意識して弾いている。だから今は歯痒い音に聞こえる。私が歯痒い男に見えるのだ。犬二匹だって里親を見つけ解決した。そんな小さな成功体験を自信に変えてすべてを片付けていこう!!ミミッチィ~奴。
スポンサーサイト

お犬様たち 

ブログ更新を一ヵ月以上怠るとスポンサーサイトが出てしまう。なのでとりあえずコンパクトに更新。里子に出したペット達は、私が飼っていた時より数倍幸せに暮らしているようだ。母犬は10歳と母から聞いていたので里子に出す際、里親さんへお伝えした。が、里親さんが、当家かかりつけの動物病院へ連れて行ったところ、13歳であるとカルテに書かれていたらしい。ヤバ~い。年齢詐称だ。更に子宮の病気で余生もそう長くないと検診時に言われたらしい。

その真逆に、娘犬の”なんちゃってトイプードル”(シーズとのハーフ→結局は雑種か!)は、先生から健康そのものであると太鼓判を押されたとのこと。里親の方からは、犬を見に遊びに来れば?と言われたが、それは止めておこうと思った。親や妹、両親の親戚と向かい合うことの重さを知った今、結果的には年齢詐称という罪を犯しながらも里子に出したお犬様と再開し向かい合うのはまっぴら御免だ。人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。

不自由を常と思えば不足なし、心に望み起らば困窮したるときを思い出すべし。堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え、勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に至る。己を責めて人を責めるな、及ばざるは過ぎたるより勝れり。己の心に迷いあれば心あるものに接するな。ゆえにあげた犬にも会うな。 徳川家康公遺訓

室内犬2匹の運命は如何に? 

実家には、母のペットであったメリー(シーズ・メス10歳)と、その子で亡くなった父のペットであったクー(シーズとトイプードルのハーフ・メス7歳)がいた。父は他界し母は介護施設に入所しているので、当然、私が面倒を見なければならなかった。子も無くペットなど一度も飼った経験の無い私にとって、それは苦難の日々。朝起きて一番にやることと言ったら犬のトイレの処理とまわりの清掃。それからペットフード。そして自分の洗顔をして出社。

まさかこれが毎日の仕事になるとは思ってもいなかった。辛さを書き綴れば果てしないが、あまり書くとなんて冷酷な野郎なんだ!との非難が怖いのでやめておく。動物保護センターにも相談の電話をしたが、引取り時には一匹6,000円で、七日間で貰い手がいなければ殺処分。これはあまりにも残酷。両親が入院・入所をし、家からいなくなって約1年。約一年間、私は慣れないペットを飼い続けたのだがもう限界。そんな先週、ついに貰ってくれる人が現れた。

トリミングに連れて行き綺麗にして里子に出した。受け渡し時にはラッキーなことに2軒隣の民生委員の方が偶然通りかかり、二匹を里子に出すところを見ていただいた。これで近所に説明する手間が省けた。貰っていただい方は大の犬好き。スキンシップや車で出かける時にもペットを離さないらしい。犬なら簡単に帰って来れる距離のお宅だが、決して私にところへは戻って来ないであろう。とにかく犬達も私も里親の永野さんもハッピーになれて良かった!!

ご無沙汰です。 

3月某日、万城台の『S惑星』のカラオケ精密採点でついに3月のカラオケの王様になった。曲はサザンの『涙のアベニュー』←古っ!。点数はたしか95.451だったか?初めての95点超え。実力ではなく偶然の産物。3月中にこのままメイメイさんやヒルズ君がこの点数を超えられなければ今月のカラオケ王は私で確定。気は抜けないが気を入れても2度とこの得点を超えることは不可能であろう。

追伸)父が2月に他界しました。皆様方からは、お悔みと励ましの言葉を頂き本当に有難うございました。

カラオケの王様 天国から地獄へ 

この日の朝、私の目覚めはいつになく悪かった。こんな些細な出来事が、その夜に起こる最悪の事態を告げる予兆であることなど全く知ることも無かった。私はその土曜日の夜の午後11時までは確かに『カラオケの王様』であったし、自称『カラオケの王様』ではあったが、皆もそれを催眠術にかかったように信じ、疑う者など誰もいなかったのは紛れもない事実であろう。カラオケの精密採点のスコアは常に90点台。下総台地に根を生やし君臨していたのだから。

前回のブログで、私はライブハウス『一休』にあるカラオケの精密採点で90点を叩き出し、ボトル一本を勝ち取ったことを書いた。そのブログを見た商売上手だが床下手な『S惑星』のヘロママは、95点以上でボトル一本サービス・77点でカラオケ券5枚というなんとも画期的なサービスを考え出した。歌の上手い我々だけではなく、私のゴルフの師匠しんちゃん先生のような平均点が低い人々にも喜んでもらえる機会の平等・博愛に満ちあふれたものである。

『酒楽カラオケ部』は『酒楽』で授業が終わり放課後になるとカラオケ・グラウンドのある『S惑星』に移動する。監督やコーチなどはいない自主練習が常である。体調が悪く歌いたくない日には、突如、ヘロママが鬼コーチへ変貌し「歌え~!」とケツバットならぬケツマイクの体罰を振るう。このお陰で私やメイメイさんの歌唱力は進歩したと言っても過言でなかろう。しんちゃんはマイナスに作用してしまったが・・・。そして部外からはヒルズくんも参加。

私、メイメイさん、ヒルズ君の3人が『S惑星』で常に90点以上を叩き出す。94点台を叩き出せるのはこの3人しかいない。そして私といえば自他共に認めるまさに『カラオケの王様』。そうそう、私が王様の座を追われる一時間前にも嫌なことがあったことを思い出した。同級生である低忠氏が続け様に90点、92点と90点台を叩き出した。私はそれまで低忠氏の歌唱力はしんちゃんの少し上位であると考えていたし、きっと皆もそう思っていたに違いない。

低忠氏の実力は私達のグループには入れてはあげられないが、少し近いところのグループであったことに驚いた。そのような変な出来事を経て、私が王様から転落する瞬間は徐々に迫ってきた。唐突にメイメイさんがカウンター席から立ち上がり、本人もヘロママもステージと思い込んでいるスペースに立った。そしてイントロが聞こえてきた。坂本冬美の『君の股に恋してる』、否、『また君に恋している』だ。急激にS惑星全体の空気がヌルヌルと湿ってきた。

メイメイさんは米良調の高いキーで切々と歌い込んでいった。そして歌い上げた。精密採点が始まり誰もが固唾を飲んで結果を待った。『95.228』(←だったような?)。S惑星では前人未到のスコア。コンマ以下は定かではないが、95点を超えたことだけは確かであった。私は嬉しかった。燦然と光り輝く私の王冠をメイメイさんの頭に被せた。私は全く素直な気持ちで王冠を手渡したのだった。その刹那、メイメイさんがこう言った。「良きに計らえ!」と。

ええっ~、『殿様』?『カラオケの殿様』?つい最近まで酒楽城に君臨する殿様であった後森君を流刑に処し、沖縄へ島流しにしたばかりであったのに・・・。第二の殿様が早くも誕生してしまった。私の怒りは愛液のように止めど無く溢れ出した。王様の座から降りた今、この地域の平和を取り戻すために私はどのようなポジションにあるべきか?そ、そうか!殿様の悪政から庶民を守り、その政権を転覆させる『カラオケのテロリスト』になるしかない!頑張ろう~。

カラオケの王様 

私は自慢話が苦手。だが敢えて書く。実は、私は下総台地に君臨する『カラオケの王様』であることを。中倉台・万城台で最新のカラオケマシーンがあるのは『S惑星』。その機械には精密採点の機能がある。歌の素人たちは我先にと自分の持ち歌を入れ点数を競い合う。まるで中学の部活の様に…。皆、歌の軸がブレているのだがお構い無し。特に私のゴルフの師匠・しんちゃん先生はブレまくっている。だが、私の持ち歌を頻繁に盗み私に戦いを挑んでくる。

ま、一生かかっても私に追いつくことは叶うまい。なんせ私は『カラオケの王様』なのだから。平均スコアは90点。真剣に歌うと93・94点は楽勝。そんな私に、神奈川県相模原生まれのくせして自称『浜っ子』と嘘をつくしんちゃん先生が勝てる筈もない。しんちゃんなんて『ハメっ子』で十分だ。と言いながらも地域の平和を愛して止まない私。90点台を毎回出してしまうとしんちゃんのようにイジける輩も出てくる。あえて音を外し80点後半にすることも。

何故同じ人間であるのに、しんちゃんのように70点台や60点台になるのか皆目見当がつかない。何故、そんな点数なのにカラオケを歌えるのか?一体どのような神経を持っているのだろうか?一度しんちゃんを解剖してみたい。しんちゃんのような底辺ばかり書き綴っていてもしょうがない。私の地位は不動であるが、その地位を虎視眈々と狙っている上位2名はメイメイさんと六本木ヒルズ族のヒルズ君。もし私が千葉を去れば千葉はこの二人に二分される。

昨日、中倉台のライブハウス居酒屋『一級』で精密採点のカラオケを歌った。一曲目から当たり前のように90点を出した。するとマスターが焼酎のボトルを一本サービスしてくれた。な、なんと、この店は90点以上出すとボトルのサービスがあったのだ。その後も90点台を出し続けたので、その後のボトルは辞退。『カラオケの王様』も楽ではない。高得点を出せば妬まれ、歌いたい曲も歌えない。ああ、しんちゃんのように低い得点でもいい。楽しく歌いたいものだ。

サヨナラ~後森君! 

酒楽ゴルフ部では私の一年先輩であったが年齢は16歳年下。スポーツ万能で千葉界隈に天敵も無く、嫌いなものは嫌い、好きなものは好き、嫌いな奴は容赦なく罵倒し切り捨て、霊長類のトップに君臨するオスの中の雄。このブログで私は、年下ではあるが尊敬の念を込め『後森先生』と、本来は余計だが敬称まで付けさせていただいたくらい。その後森先生が2月2日に沖縄に帰ってしまう。本当に帰っちゃうのならあえて言わせて貰おうじゃないか、『後森君』と。

後森君の10歳年上のライダーことアッチに対しては「オメー」か「テメー」呼ばわり。私と同級生である低忠氏には「ジジィー」。そんな時、かつてヤンチャだった低忠氏も黙ってはいられない。年甲斐もなくこう言い返す。「なんだ~!小僧」と。後森君の言葉は低忠氏の心の奥に深く突き刺さるのだが、言い返す低忠氏の言葉はいつも空振り、なんとも虚しい。完敗だ。そんな最強な君主であった後森君が、中倉台・万城台を去って家族のいる沖縄に帰ってしまう。

後森君は約10年間でこの下総大地を完全に手中に治めた。『酒楽城』の主となり、酒楽城三階の天守閣で寝起きしている、否、陣取った。毎晩登城する我々侍に目を光らせている。だから酒楽の治安も保たれている。そんな織田信長のような後森君がいなくなる。2月2日は平成の『本能寺の変』と言っても過言ではなかろう。って言うか~、後森君の後釜を狙っている奴らの『本能が変』になってきているのを感じる昨今。一体誰が豊臣秀吉になるのであろうか?

8回目のモテ期が終わったアッチが密かにこう言ったのを私は聞いた。「次はオレの時代だ」と。アッチはせいぜい明智光秀、すぐに「山崎の戦い」で滅びる。山崎で終わるということはメイメイさんも終わるということか。ハイ!これで2人がいなくなった。じゃあ誰?私や低忠氏の才覚や年齢ではもはや家老止まり。後森君に一番近い年代が適任であろうと考えると、残ったのはキッシーかヘロ君の2人。キッシーはサバイバルゲーム用の銃も沢山持っているし…。

ヘロ君はどうか?そういえば3日前、ヘロ君は今の仕事をやめ人材派遣事業を起こしたいと言っていた。千葉東警察に近いモスバーガーの横に、女性の持ち帰りを専門とする崇高な事業を起こすと。私はそれを聞きすぐに店名を提案した。「メスバーガー」がいいんじゃない?と。「モスバーガー」の隣の「メスバーガー」。商標権は私が取ることで既に合意している。片や食べ物で、片や売春。近所の警察も灯台下暗しで、決して気付くことは無いんじゃあないか?

先ずメニューはこうだ。活発な女性を持ち帰りたい客には「アクティブ・ツナ・バーガー」。寝たっきりで何もしてくれない静かな女性がいい客には「サイレント・ツナ・バーガー」。これら2つのメニューには洗浄用のコーラを付ける……。と、あらぬ方向に話しが展開してしまったので閑話休題。無理矢理、後森君!私が千葉に戻っての約2年間。酒やゴルフに付き合ってくれて有難う。後森君のお蔭でとっても楽しかった。沖縄に帰っても連絡頂戴ね~。じゃあね~。

ゴミ 

今日水曜日は燃えるゴミの日。今朝早く年越しのゴミをようやく捨てることが出来た。3袋も…。その内容は、独身らしくコンビニ弁当のトレーやカップ麺の容器等で、嵩張るが比較的軽い。溜まると重くなり最も嫌なのが、母宛てに来る通販カタログ。これらは郵便箱の下に大きなゴミ箱を置き、読まずにすぐ捨てる。リフォームのチラシも同じ。デフレで物が溢れ返っている今、煙の出ない焼却炉があれば、自宅の庭でありとあらゆるものを焼き尽くしてやりたい気分。

そうすれば、寒いこの時期、暖を取る為に自宅にある燃える物を探し尽くし、すべての部屋が片付くに違いない。ついでに家も燃やしてやろうか!築36年の木造である自宅はボロボロ。犬二匹は庭に出て土足で屋内を歩くので掃除機だけでは立ち行かない。拭き掃除も必要になる。滅多にやらないが、たまに仕方なく拭き掃除をやる。誰か掃除の好きな人、タダで住ませてあげるから掃除して!男女年齢を問いません。清掃の行き届いた綺麗な家に住みたい!

そうそう、犬二匹は父と母の躾が悪く排便も含め家中を汚すので、一階の廊下と台所を除きすべての部屋を立ち入り禁止とした。二階へ上がる階段も板を立てて上れないようにした。両親が自宅にいた時は私に逆らうこともあったが、今飼い主は私だけ。服従するしかない。飼い主を選べない彼らの方が可哀想なのかもしれない。二匹はおっとりした母親とお転婆な娘のコンビ。シャンプー好きであることも分かったが、昨年の11月以降、一度もシャンプーはしていない。

そういえば、昨年末から風邪をひいたこともあり私も5日間も風呂に入らなかった。こんなの生まれて初めてかも。毎日の朝シャンと約一日おきのスーパー銭湯が当たり前であった私であったのに…。今年になってからスーパー銭湯も行ってない。昨年より6kgも痩せて寒さに弱くなったせいか。でも、根性入れてスクーター通勤は続けている。電車の中は暑いし人多いし。と、ゴミを散らかすような今日の書き込み。今日も頭の整理が出来てないんだよなあ~。

謹賀新年 

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。本年も皆様にとって良い年になりますように。私は昨年末から風邪をひき続け絶不調。元旦には家内のお墓参り、翌2日には病院から緊急呼び出し。3日から6日までは、薬を飲んで昼は録画を見ながら寝続け、夜は居酒屋『酒楽』で人との触れ合いの繰り返し。年越し蕎麦もお雑煮もミニおせちも人並みに酒楽でいただいた。昼間はこんな状態なのでブログ・ネタがとっても枯渇。って言うか昨年からずーっと。

発想にオリジナリティーが無い。これはもう私の脳味噌自体、不調の小鳥セキセイ・インポ状態か?風邪のせいか体の節々も痛いし心はもっと痛い。揺りかごから墓場までが人生。つい2年前までは、揺りかごの方が近いような身勝手でおめでたい錯覚があったのだが…。ああ~、こんな悪循環する思考を切り捨て、善循環に切り替えねば。ただ無駄に時間が過ぎていくだけではないか!もっと公私共に計画性をもってかつてのように過ごすことは出来ないのか?

女性は男より進化している。月に一回、時を告げる時計を体内に持っている。人類の究極の課題である子孫繁栄に必要不可欠なものである。男はどうか?振り返ればかつてそんな時計が不規則だが時を告げていたような気がする。それってなあに?答え:射精タイマー。タイマーかよ!ムムムッ、私にとりコレは遠い日の花火。打ち上げ花火から歳と共に劣化、最後は線香花火。線香花火の小さな火の玉が落ちれば夏は終わり。そして最後は本物のお線香で供養か。

ってな感じで今年も宜しくね。

反省 

低忠氏、ゴメンナサイ!仮面ライダーことアッチからイブの日の話は聞いた。アッチと2人だけのクリスマスパーティーを低忠宅で法事の様にしんみりと開いたそうで…。女なんていなかったことが分かりホッとした。アッチが持ち込んだペットボトル入り赤ワイン・白ワインと板ウニが2サク。そしてメインの蟹。アッチがいたお蔭でクリボッチにならずに済んだね。って言うか、男2人でイブを迎えるようなクリホモッチよりクリボッチの方がまだマシかなあ~?と思う私だ。

次は正月か。じゃあ、『正月ボッチの歌』。皆で歌ってね!

♪もういくつ寝ると お正月 お正月にも コンビニ行って お弁当買って帰りましょう 早く過ぎてね お正月
♪もういくつ寝ると お正月 お正月には 昼酒飲んで 正月ボッチ達と遊びましょう 早く無くなれ お正月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。