スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠間つつじ公園 4月29日の状況(写真付き) 

 昭和の日の29日、天気予報は晴れであった。前日は日曜日から徹夜、そのまま昼は仕事をし、私にとっては早めである12時に就寝した。当然翌朝は早く起きた。朝6時頃起床しどこに出かけようかと迷った。候補は以下だ。①葉山町役場の2万本のつつじ ②秩父の芝桜 ③笠間つつじ公園の約8,500本のつつじ 前日から予定していた訳ではなく、朝思い付いたので無理やり家内を起こすわけにはいかない。新聞読んで、ドーナッツ食って、テレビを見てたら既に8時。とりあえず、運動がてらマイカーの洗車に出かけた。

 江戸川区の洗車場まで家から10km走り、水圧だけの洗車をし、帰りがけにセルフのスタンドでガソリンを入れ、フジテレビ横を通り過ぎ青海埠頭でワックスをかける。いつものコースだ。スタンドだったら、手洗いワックス洗車は3,600円也だ。ということは、自分の時給を考えなければ約3,000円は儲かったことになると、みみっちく考えた。人間が小せ~なぁ~、オレって。洗車とワックスがけは屈伸運動の繰り返しだ。右手が疲れると左手と、腕力も鍛えられる。自転車や水泳よりいいかも!と、貧乏人の理屈は完成する。

 その儲かったと思い込んだ金で、帰り際に吉牛弁当を2個買い11時に帰宅した。食事の準備が要らないので、早く出られると考えた。食事と家内の外出の準備を含め約2時間、どこに行こうかと迷った。葉山の往復は車が異常に混む。家から110kmの秩父へ行くアクセスは首都高、外環、関越、花園インター降りてと複雑だ。そんじゃあってことで、初めてではあるが、首都高から常磐道一発で120kmの茨城県笠間市にあるつつじ公園に決めた。午後から下りの混雑はない。100kmで走れば約1時間強で行ける。

 笠間市のつつじ公園はとても良かった。とてもじゃなくカナリ良かった。車も人も全く混んでない。葉山とは大違いだ。雄大なパノラマが広がる山肌に鮮やかな色、それも色とりどりのつつじがそこかしこに咲き乱れている。ゆったりと緩やかな山の斜面を散策しながら、25種類ものつつじを鑑賞する事が出来る。思い込めば俗世間から離れた「桃源郷」のようでもある。桃の木と思い込めば、花見する公家達の亡霊までもが見えてきそうだ。バックグラウンド・ミュージックには雅楽が欲しいところだ。ほんと、きれいだよ、ここ。

 てなことで、ブログのトップも「笠間つつじ公園」展望台からみた景色に変えた。いちごソフトクリームを食べながら撮った一枚である。空がもっと青ければなぁ~、って感じだが・・・。連休中に旅行の計画が無い人は絶対にお勧めする。期間は5月10日までと案内に書いてあった。入場料は500円である。日帰りドライブならこうだ。茨城のさらに北方、大子町にある「袋田の滝」行って、笠間に寄ってつつじ見て、次は牛久の大仏だ。常磐道は、東名・関越・東北道のようにあまり渋滞がないのがいい。やるなぁ~、茨城!!

常磐道を笠間市に向かう途中、レクサスCFをマネて激写した一枚
レクサス


笠間つつじ公園1
つつじ1


笠間つつじ公園2
つつじ2


笠間つつじ公園3
つつじ3


笠間つつじ公園4(赤い花と緑の葉のグラデが幻想的だ) 遠くに公家が見える。ただのおばちゃんか。
つつじ4


牛久の大仏(帰りの常磐道は三郷で事故があり渋滞、じゃあ寄り道ってことで桜土浦で下りて立ち寄った)
時刻は6時半、駐車場はすでに閉鎖されていたので、お墓の道に入り込んで接近した。
ありがたや~、ああ、ありがたや。
牛久大仏


そして、今日のオマケ
Peter Cmorik- Long train runnin
スポンサーサイト

au 携帯探せて安心サポート 

 先週金曜日、お客との飲食でタクシーの移動中、携帯電話を落とした。これで4回目だ。降りる際、運転手さんに「忘れ物はありませんか?」と言われれば確認するが、言われない場合、酔っていると特に自ら確認することは少ない。領収書を貰いながら焦ってタクシーを降りるせいもあろう。携帯をズボンのポケットに入れていることも災いしている。以前より痩せ、お尻のポケットがスカスカなのだ。そこからスルリとこぼれ落ちるのであろう。

 乗ったタクシーの領収書に記載された電話番号へ電話をしてみたが、夜中だ。翌日も土日だ。タクシー協会等の事務窓口は、休日、電話はつながらない。翌日、法人のタクシー会社へ直接電話をしたが忘れ物は無かったとのこと。残るは個人タクシー、協会受付は月曜日から営業との留守電だ。月曜まで待てない。土曜日、通過した区の警察署へすべて電話した。前回は、深川警察署届いていた。今回も他の警察署と思ったのだが。

 他人に電話されないよう遠隔ロックをかけた。その後、事務所近所にある久松警察に遺失物届けを提出した。月曜日まで待とう。もし、月曜日に出てこなければ火曜日に機種変更しようと考えた。ネットでauのサービスを調べていると、「au携帯探せて安心サポート」というものを発見する。失くした場合、ネットで紛失したおおよその場所を特定できる。4月はサービス期間があり3回の検索が無料とのこと。家内の携帯で試した。

 携帯のEZアプリにまずダウンロードし、PCネットにログインして契約電話番号をクリックする。すると地図上を虫眼鏡がグルグルと回り出し検索し出す。紛失中代用した家内の携帯電話で、自宅と事務所、2箇所で試したら、半径100m以内で場所を割り出した。こりゃ、便利だ。失くして分かる有難さか。落し物として届けられた交番や警察、落とした飲食店がほぼこれで特定できる。サービス期間が過ぎると、検索一回315円也。

 自分が携帯している状態で、自分以外の人がログインIDを知っていれば自分の位置が分かってしまう。ムム~ッ、便利なようで便利でない。IDを知っている家内であれば、「今日はいったいどこで飲んでいるのかしら?」といった疑問を解決してしまう。怖い。だけど、既に申し込んでしまった。時既に遅し!ま、いいか。飲むとしたらいつも同じエリアだ。携帯電話に住所・名前・自宅の電話番号を書ける様にしてほしい。人前で見栄えはとても悪いが・・・。

「au携帯探せて安心サポート」は、ココをクリック

今日のオマケ
桑田佳祐 Keisuke Kuwata 弾き語り生歌 サザンオールスターズ - 真夏の果実
桑田佳祐 Keisuke Kuwata 弾き語り生歌 サザンオールスターズ - 真夏の果実 02



てきとうな曲解説 

解説1)小林明子「不倫に故意に落ちて Hole In One」
     じゃあなくって「恋に落ちて Fall In Love(2008)」

 この曲、不倫の歌なんだけど当事何を勘違いしたのか、結婚式二次会で歌っちゃったような、歌わなかったような記憶があるなあ。「♪土曜と日曜のあなたがほしいから~」で気付けよ!!歌い出しは不倫の末死んだ女の情念が込められてるような感じがして怖い。「♪もしも願いが叶うなら 血ヘドを赤いバラに変えて 会えない日には部屋中に飾りましょう あなたを恨みながら」。そんな恨みを持った亡霊が「♪迷子のように立ちすくむ 私をすぐに届けたくて」。いらねえよ!まるでテロだ。

 「♪ダイヤル回して~」は古いなあ~。今の言い方だとナンだろう?プッシュフォンも古いしなあ。不倫している自分を「♪迷子のように立ちすくむ」と表現しちゃうとこなんかの、若さゆえの勘違いなんだろうがとってもコワイ。作詞家・湯川れい子最高!というより恐るべし。この曲は当時、OLの憧れの曲のような風潮があった。そんな不倫に憧れているOLに、理屈じゃなく、本能で憧れてたのが何を言おう、この私だ。「年上の男と不倫するんじゃねえよ!早く帰って来いよ」と。

 この「映像」は曲の意図するところの勘違いでなく、この曲が発表された‘85年の出来事をはめているだけなんだろうけど、正輝・聖子のその後を示唆してる。

 この「恋に落ちて」の主人公に旦那を奪われた女性、時が過ぎた心情を代弁する曲はこれしかない。リプライズとして。

解説2)竹内まりや「Single Again」

 「♪怯えて暮らした日々は遠い」、全く泣かせるぜ!「♪またひとりにかえったと 風の便りに聞いてから 忘れかけた想いが 胸の中でざわめく 私と同じ痛みを あなたも感じているなら 電話ぐらいくれてもいいのに」。オアイコになったんだから電話ちょうだい!は、絶対ダメ!おんなじこと繰り返しちゃうんだから・・・。

 いい女だと思ってたら、この女性にも旦那が離れていった原因が少しあることが分かっちゃった。残念!!でも、ちょっと待てよ、2番目の詩では何故か未練を見せない。「♪手放した恋を今 あなたも悔やんでるなら きっと本当のさよならできる」と。未練はあるんだろうけど、自分を諭し、人間として真っ当に生きようと努力してるところが泣かせる。

そしてこう続くのかなあ。 「告白」 そして「駅」へと。

オマケ
これすごいよ!竹内まりやのキーを下げていくと、山下達郎になるらしい。
「けんかをやめて」
もう一丁、山下達郎のキーを上げるとまりやか松任谷ユミになるらしい。
「クリスマス・イブ」

最近の4連続 嵐の大野君、櫻井君  

 最近その1、よく風呂に入る。入浴剤も欠かさない。白濁するタイプの入浴剤が好きだ。特に「登別カルルス」が好きであったが、安売りで一回分のパックが数種類は入っている温泉めぐりセットを買った。同じ白濁系の秋田県の「乳頭温泉の素」も入っていた。風呂に入ろうと、「乳頭温泉の素」を洗面所の上に出したはいいが、置き忘れた。からだを洗い湯船に浸かろうとした時、忘れたことに気付いた。ビショビショなので風呂から家内を呼んで取ってもらうしかない。大きい声で呼ぶと程なく近くに来た気配を感じた。私は言った。「そこにある乳輪、取って!」と。少し経つと家内の気配はなくなった。「あっ、乳頭か」と間違いに気付いた時は時既に遅しであった。家内はパックの入浴剤の名前を確認し呆れ果て、さっさと去っていったのであろう。乳頭も乳輪もたいして変わんないのになあ。パーツとしては隣り合ってるので意味は通じるはずなのに・・・。

 最近その2、ジャニーズの嵐の曲をよく耳にする。「Step & Go」という曲だ。FMでかかっているのをよく聞く。20年前のSwing Out Sisterの「Breakout」に似ていると言っちゃ失礼だが、サビの部分のメロディーがなんともいい。メジャーからマイナーに突如入ったような感じが歯痒く気持ちいい。曲調が変わった錯覚に陥る。サビの詩も、単語一個一個が若い女の子たちに向け、キラキラと輝くように組み合わされプロの妙技を感じる。「♪いとしさ溢れて」とか「やさしさ集めて」でやられちゃうんだろうなあ、若い娘は。作詞は櫻井君とマーケティング会社の共同作業、作曲も同じ会社のアーティストだ。この会社ジーエイプは、過去のヒット曲データに基づき作詞・作曲をするプロ集団だ。大野君の歌もいいネェ。「♪世界はまるで永遠へのEscape」の部分、「永遠=とわ」の「と」の高い音の発声にツヤと伸びがある。大野君を「まごまご嵐」でよく見た。イラストもうまいけど歌も上手いんだなあ。本当に良く出来た曲だなあ、さあ、聞いて!「Step & Go」 コッチのほうが大野君が歌ってるのがよくわかる「Step & Go」

 最近その3、夜も仕事が遅いんでジャスコ東雲店へ立ち寄り一人分の晩飯を買う。寿司があればすぐ買うのだが、午後10時過ぎには殆どなくなっている。しょうがないので、弁当コーナーへ行きあれこれと探すが、ビール一本のつまみになり、ついでに〆の食事として完結するような弁当は無い。あれこれ惣菜を買っても一人じゃあ多すぎるし・・・。どうせなら、幕の内弁当の二倍の大きさでつまみ多目の「酒のお供弁当」を作ってほしいなあと感じた。いつも大量に買いすぎて家内に怒られ涙ぐむ今日この頃だ。フライも天ぷらも焼き鳥もすべて半額になっているこの時間、豊かな晩飯にしようと、どうしても買いすぎてしまう。コロッケやメンチなどのフライは、「翌日に持ち越すと油臭くなる」と、家内は眉間に皺を寄せ尊大に仰せになられる。

 最近その4、そのジャスコでのお買い物で、おにぎりのコーナーに「ます寿司おにぎり」を偶然発見した。一個140円でちょびっと薄い「ます」が二段重ねになっている。寿司コーナーに「ます寿司弁当」があれば、木枠に入ったそれを買うことが多い。かつて、新幹線で関西方面から戻る時によく買っていたが1,200円~1,400円位はしていたと思う。ジャスコではたしか800円以内だ。その小さく平たい円筒の木枠の弁当の量をよ~く考えてみた。「ます」の肉厚は、おにぎりより厚い。二段重ねではない。買ったおにぎり2個を平たく置いてみた。それからおにぎりが4個の場合を想像してみた。「ます寿司弁当」より、140円×4個=560円と安いのに、弁当よりはるかに量が多いんではないか?と思ったのだ。早い時間にジャスコへ行き私の仮説を検証しなくては、と思っている。今度、報告するから、「ます寿司ファン」のみんな、楽しみに待っててね~。

本日のオマケ これはユーロビートじゃなくアシッドジャズだけどね、嵐の曲に少し似てない?
Swing Out Sister「Breakout」 

「Skype」とその仲間「Skyshipe」 

 Skype(スカイプ)を知らない人はいないだろう。ウィキペディアによると、「Skype(スカイプ)とは、ルクセンブルクに籍を置くSkype Technologies社が提供するインターネット電話サービス。 インターネット電話の事実上の標準とみなされている(2006年5月現在)。開発者はP2Pファイル交換ソフトKaZaAの共同開発者であるニコラス・センストロムとヤヌス・フリス」。オオ~ッ、神よ、後者の開発者の名前に心奪われる私をお許し下さい。

 「ヤ」の縦棒が、もし横棒を突き抜けていなかったら一体どうなってしまうのだろう。想像しただけでワクワクする。エルメスの「H」を発音しない国があるように、「Y」を発音できない国へ彼は行くことは出来ない。家族連れ、子供連れならなおさらだ。でも、そんな想像上の危ない人物に会ってみたいとも思う。と言うより、そんなのを振り回しながら私に近付いてきたらとっても怖い。危険を避け高いビルの上から覗き見でもしよう。

 空に向かって屁をするような大らかなネーミングもまたいい。スカイプで通話する仲間同士を「Skyshipe」(スカシッペ)と呼べば誰でもその名前を覚える。オフィスや学校で、「なあんだ、君もスカシッペだったんだ。番号教えて!」と、音が無いのに匂ひある会話(表現が全く適切でない。ただ流れに乗り勢いだけで書いたのダカラ~)が、日本全国津々浦々マハリクマハリタ、カリタかメリタかニッチモサッチモ飛び交うこと必至のブルドッグだ。ソース、ソース。

 スカイプはいい。なんとタダだ。タダほど安いものはない。ついに通信もタダの時代が来たか。市内通話が無料の香港の電話のようだ。「リカちゃん電話」も「リカちゃんスカイプ」になる日は近い。高い電話料金の請求が来て親に怒られることも無くなる。近頃、そういえば、偽造テレカを道端で売る外人も減った。ネットで国際電話をする方法は10年以上前に会社の同僚であった中国人の友人から聞いた。

 タダの次は、お金が貰える電話に進化するのであろうか、アア、なかろうか。(ホンワカとした悩みを文章で表現したつもり) タダを通り過ぎお金が貰えるなんて、アマリリス、否、アマゾネス、否、あまりにも、来生たかお、「グッバイ・デイ」だ、否、行き過ぎたかおる「パパと呼ばないで」か。仕事では断然便利だ。国を選ばず、何時間話をしてもタダナノダカラ。(韓流スター風に。スタッカートでたどたどしく) PCの固定式だけにしてモーブル(原音に忠実に!)に発展させるのだけはやめてね。携帯ができたら、それこそタダなんで、時間もかまわず好き勝手に連絡が来る。最強の「首輪」になっちゃう!チャウチャウ、ワワ~ン、ワンワン。5と5の倍数か!

今日のオマケ
来生たかお Good Bye Day 昔、よく歌ったなあ
来生たかお&桃井かおり ねじれたハートで 来生さんも桃井さんも若~い!「肌は自己責任よ」って言うだけある

雨の日のエクササイズ(ジーソーターシー) 

 「雨の日のエクササイズ」なんちゃって~なタイトルは、女のブログタイトルっぽくっていいなあ。ま、なんてことないジーソーの話なんだけど・・・。2日間にわたってエプロンしてジーソーしたんだけど、エプロンなんて小学校の給食当番以来だ。「ジーソー」は今、ニューヨークのエグゼクティブの間でけっして流行っていない単なる「掃除」の逆さ言葉だ。じゃあ、本題に入るか。(女の子っぽく、今回初めてプロローグ入れてみました。)

 先日の土曜日は午前中に千葉市稲毛で親戚の法事があった。偶然にも長雨の隙間を縫うように春らしい一日限りの日和であった。マイクロバスでお墓に向かう間や食事の時に数回、千葉の方言である「おっぺす」(おしへす、押し圧す=押す)が聞こえた。家内は二日連続、土日はグレイのコンサートがあり外出だ。法事以外は天気も悪く、やることがないので運動も兼ねて柄にもなく家の掃除をしようと考えた。

 土曜日は6時に起き近くの?青海埠頭へ行き車を掃除した。雨で汚れていたがワックスを自分の手でしっかりとかけていたので、さっと表面の汚れと埃・砂を車のハタキで撫ぜながら取り、乾拭きしたらピッカピカになった。8時に家へ戻り食事をして法事へ車で向かった。10時に実家へ母を迎えに行くには早すぎたが、高速を使わず下の湾岸道路を走り、法事のある稲毛の千蔵寺の場所を先に確認しようと出発した。

 すると、浦安手前の江戸川の橋で渋滞が始まった。ディズニー渋滞だ。晴れているせいか都内近郊のナンバーが多い。今のような花見も終わり何も無い中途半端な時期、それも晴れていると、季節は関係ないディズニーランドは混む。その状況から、この先のララポートの渋滞があることにも気付かされた。雨の日などは特に、屋根のあるララポは異常に混む。それを避けようと、予定を変更して原木で高速に乗った。

 貝塚インターで降りた。セルフのスタンドを見るとハイオク133円である。すぐに給油した。ここ貝塚のシェル石油は常に安い。以前、石油元請子会社の人にそれを話すと安すぎると怒っていた。実家に着き、母とはつまらない事で揉めた。法事も終わりまた実家まで送った。母は歳のせいか、自分の言った事が不利になると記憶がすっ飛び、言ってないと頑固だ。今度、会話をICレコーダーで録音しておこうと密かに思った。

 「よっしゃ~、掃除するぞ!」と気合を入れ千葉を後にした。途中、豊洲のビバホームへ行き、床磨きの洗剤と台所用ゴム手袋、もう一丁、安い使い捨てで極薄、破れたら妊娠しちゃうんじゃないの、みたいなゴム手袋10枚セットを買った。3時から掃除を始めれば7時には終わるなあ、と甘い見込みを立てたが8時半になっても終わらない。7時に終わらせ、家内が戻る9時くらいまで銭湯へ行こうと考えていたのに・・・。

 慣れてない掃除をやったせいか体中が痛い。食後、風呂に入る気力も失い寝た。そうして翌朝は一旦、4時に起きた。こんな早起きは実家の両親のようだと自戒しまた寝た。6時に起きた。外は小雨だ。昨日と打って変わり寒い。普段使わない筋肉を使ったせいであろう、体中が痛い。昨日の残りのサンドイッチとサラダを平らげ、この筋肉の痛みを取ろうと風呂に浸かることにした。任天堂DSをジップロックに包んで。

 その後、今日の掃除に必要なものを買おうと千葉の原木にあるホームセンターのコーナンへ向かった。仕事に必要なアイディアもついでに見つけたかったので、広いコーナンの隅から隅まで歩こうと考えた。いつものように万歩計も装備し、今回目玉である「重りベルト500g」を左右の足首に巻きつけた。開店の9時から、店入り口の木材コーナーから始め建築用材料のコーナーも含め運動・仕事・家事道具探しを兼ね歩き回った。

 2時間半が経った11時半には7000歩であった。ショッピングは、立ち止まって見ている時間が多いので存外歩数が稼げない。足の重りは腰に来た。「つかれた~」と思いコーナンにある「丸亀うどん」で昼食にした。以前も食べたがここのうどんは旨い。「ぶっかけおろしうどん」を頼んだ。食後、タバコを吸おうと外に出た。昨日の疲れも重なっていたのだろう、ライターをくわえ火を点けようとした。やけに太いなあとは思った。

 ようやく店舗の端からジグザグに見て回り、半分であろうセンター入り口まで辿り着いた。入り口を入ったところに巻き込みタイプのホースが各種売られている。アパート・マンションは雨の日にしかベランダ掃除が出来ない。奥の台所か風呂場から水を引く必要があるので長いホースが必要だ。晴れていると洗濯物や布団を干す家が多い。ベランダ掃除はそこに汚れた水が飛び散り非常識になってしまうのである。

 ゆえに今の長雨から梅雨までが、このホースの旬になる。この常識?を知らない人に気付かせることも販売の現場では必要だ。ただ置かれているだけで目にとまる説明はなかった。私だったらこんなPOPをデカく書く。「花粉や黄砂で汚れたベランダを掃除しませんか?雨の日のベランダ掃除はもう常識です。晴れの日のベランダ掃除は、お隣や階下に干してある洗濯物や布団に水が飛び散り汚す危険があります」。

 客の小さいイエスが商品の購入や受注に結びつく。花粉や黄砂でベランダが汚れていることを忘れている人は多いんじゃないかなあ。ま、その後、家に帰って掃除を始めたけど、夜9時になっても終わらなかった。今日こそは早く終わらせ銭湯に行こうと決めていたのに・・・。コンサートから帰ってきた家内に、コレとアレは磨くのが大変だったと苦労話をしたところ、「コレは捨てようと思っていた。アレは100円均一で買おうと思ってた」と・・・。

 誉められて伸びるタイプの私なのに・・・。とっても残念であるが、私の苦労は報われなかったのだ。

お尻しびれ虫 

 私の携帯電話は、常にズボンの左側にあるお尻のポケットに入っている。ポケベルも携帯も、犬の首輪のようなものだ。こんなものを持たなくていい仕事に、いつかは転向したいと常日頃から思っている。私の飼い主はまさに客と言えよう。むかしから、嫌な仕事、人には頼み辛い仕事、突発的なトラブルの発生、怒りのはけ口として、私の携帯は鳴るのである。

 パブロフの犬ではないが、携帯電話が鳴る度、反射的にトラブルの電話でないようにと祈る。音に対してストレスをためるのは嫌なので、常にマナーモードである。‘88年から携帯電話を持っている(持たされている)ので、足掛け20年間も、携帯電話が突然かかってくるストレスにさいなまれている。情報化社会も全く困ったものである。

 休日、携帯を持たずに外出する時がある。ポケットに携帯が入っていないにもかかわらず、お尻がピリピリとしびれる事がある。これを「お尻しびれ虫」と、密かによんでいる。この私の体の状況を冷静に分析すれば、本来ポケットに入っていなければならない携帯を、私のお尻の筋肉が欲しているとでも言おうか。

 お尻の筋肉がかってに刺激を求め、自分自身でピリピリと震えているのである。全く下品なお尻の筋肉だ。そんな私のお尻の筋肉に、私はこう語りかける。「そんなに携帯電話が欲しいのか?」と。するとお尻の筋肉はピリピリしながらこう答える。「ちょうだい!」と。ほんとうに聞き分けのない、わがままなお尻の筋肉だ。

 それを聞いた私はこう諭す。「そんなわがままばっかり言ってると、右側の上品なお尻の筋肉に笑われるよ」と。右側のお尻の筋肉は血統がいい。何故か上品なのだ。だが、様々な苦難を乗り越えてきたお尻の筋肉でもある。見た目はヤクザだ。痔の手術の傷跡がある。下品な左のお尻は、博多人形のような肌で、人形は顔が猪木の久月だ。

ああっ~、ブーフーウーじゃねえ!三匹の子豚 

 先日の「ブーフーウー三匹の子ブタ」じゃあねえや、先日の暴風雨(ボーフーウ)は強烈だった。仕事では例年、今の時期、傘の引き合いが多い。降水予想にもよるのだろうが、傘の生産数量の読みはとっても難しいであろう。人は皆、雨が降って初めて傘を買おうという気になるのではないか。いつ降るか分からない雨に備え、お洒落で高価なブランド傘を買おうと思う人はきっと少ない。今週の長雨は日本国民を「春の夜の夢」からむりやり目覚めさせ、2ヶ月も先の梅雨の到来を感じさせるものであろう。傘を買う気にさせる雨とでも言おうか。

 天気予報での実況中継では、台風や暴風雨の際、必ずビニール傘を持ちレインコートを着て実況する。その際、何故か必ず傘がオチョコになる。現場の状況を伝える映像としては、コスト安だが視聴者へのインパクトが強いと考えているのであろう。演出なのであろう。安い傘をオチョコにしながら、中継する女性のスカートもオチョコになる「ダブル・オチョコ」があったら、私はうれしい。信号待ちしている通行人が数人、傘をオチョコにして壊してしまう映像には呆れる。100均行ってレインコートを買えば壊れることはないのにと。

 以前は2万円もするブランド傘を持っていたが、飲み屋に行って他の客に持っていかれてしまった。高い傘は自分の近くに置くものだと反省した。それ以来、値段の高い傘は雨が降る度に余計な心配をしなければならないので買わなくなった。ビニール傘で十分だ。透明ビニールなら傘のデザインを意識することがない。もし、柄も石突も持ち手の部分も透明であったら、服のコーディネートに干渉することがなくなるはずだ。どうしたら、強風でも壊れない耐久性のある傘が出来るのだろうか?と、考える傘のメーカーはないのか。

 そんな頑丈な傘作った日にゃあ、メーカーはオマンマ食い上げだ。壊れるからまた買う。それゆえ売上が上がるのだ。生地は伸び縮み自由なゴムで作り、形状記憶合金で出来たフレームは風の強さの限界で、ゴムの先についているキャップが細い骨の先端から外れるようにする。骨や棒が折れることはない。外れたらキャップをはめ直せばいい。と、素人が考えても傘自体、もっと進化していいはずなのに・・・。傘を本業としない最先端技術を持ったゴムメーカーか、合金メーカーが、今こそ傘の市場に参入すべきではないか。

 ま、商品の矛盾は多い。自動車メーカーも、いつまでも新しく見えるボディーの塗装やその方法を考えてもいいはずであるが、大事に乗っていても三年経てば塗装面は細かい傷だらけになり、りっぱな中古車に変貌する。買い替えの次期か、と思わせる手段か。今も30年前もたいして塗装の技術は変わらないような気がする。バスの広告で使うラミネートであれば好きな色を選んで貼ることが出来る。塗装面も同時に保護する。ウレタンシートや生地貼りが、木目込み人形のように簡単に出来る車を開発したっていいじゃないか!

 マイカーを自分で手洗いする度にそのように感じた。人間はカラスとまったく同じだ。生来、光っているものが好きなのであろう。だから、車が汚れていたりすれば本能で磨き、艶を出そうと頑張ってしまう。疲れるにもかかわらずだ。私もそうだ。最近、車の手洗い・ワックスがけに対する心構えが変わった。かなりの運動量なので、健康維持と痩せるエクササイズだと思うようになった。車のお掃除を有益で意味深いものに変えることに成功した。以前はスタンドで手洗い・ワックス・室内清掃のフルコースに金を払っていた私であったのに・・・。

 ブーやフーのように、わらや木で簡単に家を作るようではいけないのだ。ウーのようにレンガをこつこつと積み上げ頑丈な家を作ってこそ狼を撃退することが出来るのである。(前の話から流れが繋がって無いなあ) 反面、壊れ易く作ることや、時が経てばたくさん傷が付き買い替えたいと思わせるようななモノ作りの工夫も、経済の活性化には必要な事であるのかも知れない。じゃないかも知れない。わかんネェ~。

セルフ式レジ ジャスコ東雲店 

 先日、ジャスコ東雲店でおっかなビックリ、セルフ式レジに誘われるように入った。かよわい私であるが、日頃から、いつか自分一人だけでレジをやってやろうと強い志を立てていた。この志を持つに至ったのは、私の小さな成功体験からである。2年前のことだが、旅行先の三重県伊賀上野で安いと思って入ったガソリン・スタンドがセルフ式であった。表示された手順通りに試みたら簡単に給油できた。臆病者で新しいシステムに弱い私は、セルフと見ただけで敬遠してきた。それ以来、ガソリンは安いこともあり、セルフで入れるようになった。

 有人とセルフ・レジの振り分けで効率がいいのは、購入商品が多い場合は有人、少ない場合はセルフとのことだ。日ごろ、バーコードをスキャナーが読み取っているレジの女性の姿は何度も見ている。学習は出来ているはずである。今回は商品すべてにバーコードが付いている。と、自分の順番が来てやってみたが、スキャナーが三つあることに気付かず、ハンド式のものを持って一生懸命に精算しようとした。台にあるガラスの面、台に垂直にある面、そしてハンド式だ。緊張しすぎて、学習していたことがすべて吹っ飛んだのだった。

 ハンド式でも読めないことはないのだろうが、すぐ諦めて係りのお姉さんを呼んだ。商品の上部にバーコードがあるものでも、台に垂直なガラス面に押し当てれば簡単に読み込めることを教わった。この場所は有人の場合、客の影に隠れている。係りの人が一人で監視しているが、スキャナーを通さないでチョロまかすことも出来るリスクを心配した。客の善意に委ねているシステムであるのだ。ここまで情報が読み込めるならば、各商品の重量も記憶させ、レジ終了後、重さで検算できる機能をシステムに加えることも簡単であろう。

 後から考えれば、プロであるレジのお姉さんでさえ、読み取れないことがしばしばあり、四苦八苦している姿を思い起こすことができる。またひとつ、「はじめてのおつかい」の雰囲気を満喫した私である。実際にやってみれば楽しいなあ、とお母さんの真似をして「ママごと」ごっこをしているように、「レジごっこ」も楽しいことを発見した。お医者さんごっこは犯罪になってしまうが、「レジごっこ」は、商品さえ買えば誰にでも権利が発生する。そうならば、レジのお姉さんと同じ制服を着てセルフをやればもっと楽しくなるのかなあ。コスプレか!「セルフ」という表示がなぜか「セフレ」に見えてしまう。「スフレ」もだ。うんん~、もう!退場!!

もう一つのお花見 

勉強がてら和歌でお花見を試みた。いとおかし かった。 


 いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな(伊勢大輔)

 歌意:昔の奈良の都の八重桜が、今日は九重の宮中で、ひときわ美しく咲きほこっていることですよ。

 この歌は、奈良・興福寺から、中宮彰子(第66代一条天皇の皇后(号は中宮))へ贈られた八重桜の献上の儀式で詠まれた。八重桜を受け取るという大役(この役は、先輩格の女房=家庭教師役であった紫式部から「花を持たせよう」と譲られた)を仰せつかった伊勢大輔が、桜に歌も付けるようにと道長に命ぜられ即座に詠んだ歌である。花弁が重なり花が他の桜より大きく春の終わりに開花する八重桜は、当時京都では珍しく、とても華やかな感じがあった。

 この時の中宮彰子の返歌 
 九重に 匂ふを見れば 桜がり 重ねてきたる 春かとぞ思ふ

 この時期は平安中期・左大臣藤原道長の全盛期である。時代は今から8年前のミレニアム(千年紀)の一つ前のミレニアムの頃である。晴れの儀式にふさわしく、華々しいまでに修辞技巧が盛り込まれている。「いにしへ」に対しての「今日」、「奈良の都」に対しての「京」、この「今日」と「京」は掛詞。「九重」は、「宮中」と「ここの辺に」「八重以上に幾重にも」の意が掛かり、しかも「八重桜」の「八重」と呼応している。「いにしえ」と「きょう」、「八重」と「九重」が綺麗に対照を成した歌である。

 伊勢大輔は、57577の文字数の制約の中、一切漢語(当時の外来語)を含むことなく、大和言葉だけで有効適切に前後を繋ぎ掛け合わせ即詠した。この儀式で桜が献上されようとする刹那、一条天皇御代の繁栄を八重桜の美しさになぞらえ、あたかも日本全土に幾重にもその香が放たれているようであると讃えたのであった。ちなみに百人一首の中で出てくる漢語は、「菊」と「衛士」だけであり抽象的な外来語は使われていないとのこと。

 1,000年前の日本は、精神的に今より豊かで華やかであったに違いない。当時の日本のごく一部である上流サロン限定なのであろうが、貴族社会の文化における女性の進出や貢献度が高いのには驚かされる。世界史上でも、同時代にこのような上流サロンは類が無い。紫式部『源氏物語』は女性が書いた史上初の小説といわれている。

私のお勉強にここまでお付き合いいただき有難うございました。

注1)伊勢大輔(いせのたいふ/いせのおおすけ、永祚元年(989年)頃? - 康平3年(1060年)頃?)は平安時代中期の女流歌人。父は大中臣輔親。高階成能に嫁し、康資王(やすすけおう)の母、筑前乳母、源兼俊母など優れた歌人を生んだ。中古三十六歌仙の一人。1008年(寛弘5年)頃に一条天皇の中宮上東門院藤原彰子に仕え、和泉式部・紫式部などと親交し、晩年には白河天皇の傅育(ふいく)の任にあたった。1060年(康平3年)までの生存が確認されている。1049年(永承4年)の内裏歌合、1056年(天喜4年)の皇后宮寛子春秋歌合に出詠している。「後拾遺和歌集」以下の勅撰和歌集に入集。家集に「伊勢大輔集」がある。

注2)中宮彰子:(藤原彰子―あきこ・しょうし) 藤原道長の長女、第66代一条天皇の皇后(号は中宮)で、第68代後一条天皇・第69代後朱雀天皇の生母。女房に『源氏物語』の作者・紫式部、王朝有数の歌人・和泉式部、歌人で『栄花物語』正編の作者と伝えられる赤染衛門、同じく歌人の伊勢大輔などを従え、華麗な文芸サロンを形成した。

注3)中宮:平安時代以後に一人の天皇に対して複数の皇后が立てられたときに最初に立后された者(皇后)以外を指した。

注4)藤原道長:(ふじわらのみちなが、966年~1027年) 摂政藤原兼家は父、その五男。兼家の死後に摂関となった兄道隆、道兼が相次いで病没して権力に近づく。道隆の嫡子・伊周との政争に勝って左大臣となり朝政のトップとなった。一条天皇に長女の彰子を入内させ中宮となす。次の三条天皇には次女の妍子を入れて中宮となす。だが道長は三条天皇とは深刻な対立を生じ天皇の眼病を理由に退位に追い込み、彰子の生んだ後一条天皇の即位を実現して摂政となる。1年ほどで摂政を嫡子の頼通に譲り後継体制を固める。後一条天皇(1008年生まれ)には三女の威子(999年生まれ)を入れて中宮となし(孫に自分の娘を嫁がせた、叔母との結婚だ、歳の差9歳)、「一家立三后」と驚嘆された。太政大臣となり位人臣を極めた後に出家するが、頼通を後見し続けた。晩年は壮大な法成寺の造営に精力を傾けている。

引用:「原色小倉百人一首」鈴木日出男・山口慎一・依田泰(文英堂)
引用抜粋:ウィキペディア
引用抜粋:「世界に誇れる日本人」 渡部昇一著


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。