スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケの王様 天国から地獄へ 

この日の朝、私の目覚めはいつになく悪かった。こんな些細な出来事が、その夜に起こる最悪の事態を告げる予兆であることなど全く知ることも無かった。私はその土曜日の夜の午後11時までは確かに『カラオケの王様』であったし、自称『カラオケの王様』ではあったが、皆もそれを催眠術にかかったように信じ、疑う者など誰もいなかったのは紛れもない事実であろう。カラオケの精密採点のスコアは常に90点台。下総台地に根を生やし君臨していたのだから。

前回のブログで、私はライブハウス『一休』にあるカラオケの精密採点で90点を叩き出し、ボトル一本を勝ち取ったことを書いた。そのブログを見た商売上手だが床下手な『S惑星』のヘロママは、95点以上でボトル一本サービス・77点でカラオケ券5枚というなんとも画期的なサービスを考え出した。歌の上手い我々だけではなく、私のゴルフの師匠しんちゃん先生のような平均点が低い人々にも喜んでもらえる機会の平等・博愛に満ちあふれたものである。

『酒楽カラオケ部』は『酒楽』で授業が終わり放課後になるとカラオケ・グラウンドのある『S惑星』に移動する。監督やコーチなどはいない自主練習が常である。体調が悪く歌いたくない日には、突如、ヘロママが鬼コーチへ変貌し「歌え~!」とケツバットならぬケツマイクの体罰を振るう。このお陰で私やメイメイさんの歌唱力は進歩したと言っても過言でなかろう。しんちゃんはマイナスに作用してしまったが・・・。そして部外からはヒルズくんも参加。

私、メイメイさん、ヒルズ君の3人が『S惑星』で常に90点以上を叩き出す。94点台を叩き出せるのはこの3人しかいない。そして私といえば自他共に認めるまさに『カラオケの王様』。そうそう、私が王様の座を追われる一時間前にも嫌なことがあったことを思い出した。同級生である低忠氏が続け様に90点、92点と90点台を叩き出した。私はそれまで低忠氏の歌唱力はしんちゃんの少し上位であると考えていたし、きっと皆もそう思っていたに違いない。

低忠氏の実力は私達のグループには入れてはあげられないが、少し近いところのグループであったことに驚いた。そのような変な出来事を経て、私が王様から転落する瞬間は徐々に迫ってきた。唐突にメイメイさんがカウンター席から立ち上がり、本人もヘロママもステージと思い込んでいるスペースに立った。そしてイントロが聞こえてきた。坂本冬美の『君の股に恋してる』、否、『また君に恋している』だ。急激にS惑星全体の空気がヌルヌルと湿ってきた。

メイメイさんは米良調の高いキーで切々と歌い込んでいった。そして歌い上げた。精密採点が始まり誰もが固唾を飲んで結果を待った。『95.228』(←だったような?)。S惑星では前人未到のスコア。コンマ以下は定かではないが、95点を超えたことだけは確かであった。私は嬉しかった。燦然と光り輝く私の王冠をメイメイさんの頭に被せた。私は全く素直な気持ちで王冠を手渡したのだった。その刹那、メイメイさんがこう言った。「良きに計らえ!」と。

ええっ~、『殿様』?『カラオケの殿様』?つい最近まで酒楽城に君臨する殿様であった後森君を流刑に処し、沖縄へ島流しにしたばかりであったのに・・・。第二の殿様が早くも誕生してしまった。私の怒りは愛液のように止めど無く溢れ出した。王様の座から降りた今、この地域の平和を取り戻すために私はどのようなポジションにあるべきか?そ、そうか!殿様の悪政から庶民を守り、その政権を転覆させる『カラオケのテロリスト』になるしかない!頑張ろう~。
スポンサーサイト

カラオケの王様 

私は自慢話が苦手。だが敢えて書く。実は、私は下総台地に君臨する『カラオケの王様』であることを。中倉台・万城台で最新のカラオケマシーンがあるのは『S惑星』。その機械には精密採点の機能がある。歌の素人たちは我先にと自分の持ち歌を入れ点数を競い合う。まるで中学の部活の様に…。皆、歌の軸がブレているのだがお構い無し。特に私のゴルフの師匠・しんちゃん先生はブレまくっている。だが、私の持ち歌を頻繁に盗み私に戦いを挑んでくる。

ま、一生かかっても私に追いつくことは叶うまい。なんせ私は『カラオケの王様』なのだから。平均スコアは90点。真剣に歌うと93・94点は楽勝。そんな私に、神奈川県相模原生まれのくせして自称『浜っ子』と嘘をつくしんちゃん先生が勝てる筈もない。しんちゃんなんて『ハメっ子』で十分だ。と言いながらも地域の平和を愛して止まない私。90点台を毎回出してしまうとしんちゃんのようにイジける輩も出てくる。あえて音を外し80点後半にすることも。

何故同じ人間であるのに、しんちゃんのように70点台や60点台になるのか皆目見当がつかない。何故、そんな点数なのにカラオケを歌えるのか?一体どのような神経を持っているのだろうか?一度しんちゃんを解剖してみたい。しんちゃんのような底辺ばかり書き綴っていてもしょうがない。私の地位は不動であるが、その地位を虎視眈々と狙っている上位2名はメイメイさんと六本木ヒルズ族のヒルズ君。もし私が千葉を去れば千葉はこの二人に二分される。

昨日、中倉台のライブハウス居酒屋『一級』で精密採点のカラオケを歌った。一曲目から当たり前のように90点を出した。するとマスターが焼酎のボトルを一本サービスしてくれた。な、なんと、この店は90点以上出すとボトルのサービスがあったのだ。その後も90点台を出し続けたので、その後のボトルは辞退。『カラオケの王様』も楽ではない。高得点を出せば妬まれ、歌いたい曲も歌えない。ああ、しんちゃんのように低い得点でもいい。楽しく歌いたいものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。