FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の光 

今日月曜日はスクーターで出勤した。昨日の天気予報では今朝の気温は冬始まって以来最低とのこと。そんな寒いのなら9:11発東京行きのバスを使おうと考えていた。8時に起きれば十分間に合うので、小倉台の居酒屋「酒楽」を10時に出て家へ帰り、1.5倍速で『平清盛』と『イ・サン』の録画を見た後、午前3時頃までベッドで本を読み就寝した。が、まだ暗い朝の6時頃、二匹のバカ犬が走り回り吠えまくり、もう一匹の飼い主の洗濯機の音で目を覚ました。

寒い上にとてもうるさく眠れなくなったので、ニュースを見ながらベッドの中でウダウダしていた。7時を回った頃、これ以上家にいては週の頭で明日は月末を控えている自分がダメになると思い、己を鍛錬し寒さに打ち勝とうとスクーターで出かけた。向かい合う対象を母とペットではなく寒さにした。何度向かい合っても言うことを聞かない。向かい合う自分がいつか壊れる事が分かってきた。それ故昨年末、区に両親の介護申請をしたが結果の連絡はまだ来ない。

先週土曜、父の入院先の病院から呼び出された。これで2回目。数値が正常に戻ったので退院してほしいと担当の看護師に再度電話で言われた。前回同様に介護申請が通るまで待ってほしいと言ったところ、相談室のケアマネージャー宛てに行けとのこと。そこへ行き、母は認知症で父の介護や買い物が出来ないこと等を話した。このブログ上では書けないような話も一時間ほど聞いてもらい、最後にはケアマネージャーがいる自宅近くの介護センターを紹介された。

この相談員の方が、区と介護センター両方に連絡を取り認定後、スムーズに自宅で介護が可能になるよう段取りを取ってくれるといった。ようやく一筋の希望の光が私に差し込んできた。父の洗濯や食事、着替え。家の掃除をヘルパーさんに任せることが出来る。年頭から数回にわたる下水の詰まりやそれが原因で家庭内では床に溢れた汚水の掃除。詰まらせるのは母。原因は実家へ引っ越した時に東京から持ってきたお掃除シートや亡くなった家内の生理用品。

母はそれらをもてあそびトイレに流した。病気なので怒ることも出来ない。分からないことだらけでストレスは溜まる一方。買ってきたトイレットペーパーは通常1階のトイレに入れ、2個ずつ2階のトイレにも補充していたが、私が仕事に出かけている間、母の寝室がある2階のペーパーが無くなると、どうやらそれらを使っていたようだ。それが分かってきたので、近所のスーパーで12ロール入りを2個買い1階と2階に配備するようにしたが無くなるのが早い。

私と母の2人きりなのに1週間で24ロールがすべて無くなる。布巾やぞうきん代わりに使っているのが分かってきた。沢山あると使いまくる。弁当も同じ。沢山置いておくと自分がいつ食べたのだか分からないらしく、一時間前に食べたのにまた違う弁当を食べようとする。ああ~。介護サービスでこれらいくつかは解決する。これが希望と言わずしてなんといおうか。そんなこんなで土曜日はカラオケを歌いまくれた。年末年始はそんな気が少しも起らなかった私だ。
スポンサーサイト

コメント

光が見えて、、よかった!
目に見えるように、大変だな、、と思っていたので。
少しでも、改善される事、祈りますよ。

いちろーさん、有難うございます。まだまだこれからだったりしたら怖いですね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。