FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この夏を『小顔』で涼しく乗り切ろう! 

八頭身やら九頭身に生まれた人が羨ましい。ダブ系・ピタ系、何の服を着ても似合う。私は残念なことに6.33頭身。身長が171㎝なので顔の長さは27㎝。帽子のサイズは56㎝。ってことは÷3.14で直径だから顔の幅は18㎝。A4サイズになんとか収まるサイズ。先天的な要因が大きいので悔やんでも仕方無いが、昭和初期から中期に生まれた人は皆顔が大きい。大顔同志で遊んでいれば大顔は全く気にならないが、一人小顔が出現すると問題は複雑になってくる。

子供の頃はまず帽子のサイズでいじめられる。そして一人で悩む。今まで頭の大きさなんて考えたことも無かったのに…。ある日、遊んでいる近所の公園で、お互いの帽子をかぶり合い、サイズを確認し合うような状況に誰もが出くわす。そして否が応でも「デカ頭王」が決定してしまう。私は小学生の時、たしか52㎝であった記憶がある。今と4㎝しか変わらない。脳味噌が詰まっているんだと都合良く考えることも出来るが、頭の良さは脳のシワの多さに起因するらしい。

厄介なのは服。私も青春期に突入し徐々に分かってきたのだが、顔がデカいと広い襟のTシャツ、Vネック系のTシャツは絶対に似合わない。顔・首・胸と肌が露出すればするだけ、首も胸も顔と一体化し、更なるデカ顔に見えてしまうのである。ヘンリーネックなんかもう最悪!私が着て上のボタンを外したら寅さんが着ている白い夏服のような感じ。腹巻でもしなければバランスがとれなくなる。青春期にセンスの無い私は多くの女性にアドバイスをいただいた。皆アリガト。

一人で対策を講じたこともあった。高校時代、バンドではギターを弾いていた。他の高校のバンドの先輩にギターで参加してほしいと頼まれ、数回練習に行った際、ある日こう聞かれた。「当日のルックスはどんな感じ?」と。このバンドはオシャレで皆、コンサート時は化粧をしていた。「オレに化粧?」と戸惑ったが、どんな服を着てくるのか?ということだったらしい。仕方無しにブリティッシュ系ミュージシャンのようなスエードの黒いハーフコートを着ると言った私。

そして髪型。当時も長い髪であったが、更に何ヶ月も伸ばし続け髪の毛が肩まで着く位のワンレンにした。そして真ん中分け。私の両頬を髪の毛が覆うようになりコンサート会場のような場所ではかなりの小顔に見えるようになった。興奮してステージを走り回ると髪の毛が上がりデカ顔がばれてしまうので「助っ人ギタリスト」らしく隅で大人しく弾いた私であった。服装などには全く興味の無かった私だったが、こうして高校時代、巧い見せ方のようなものを学んだ。

だから今、余計な髪の毛で顔が大きく見えないようにとソフト・モヒカンにしている。バリカン1mm。寝癖が付かなくって最高~。反してアソコは、大きい時は8~9亀頭身(スーパーモデル並)。小さい時は3鬼頭身(キティーちゃんやミッキー並)。ロン毛にして覆ってしまったら小顔ならぬ子亀になってしまう。こっちは顔と違って大きく見せたい。ただ残念なことに女性にではなくスーパー銭湯にいる男性に。毛を全部剃り、恥骨の上にしぶとく残っている皮下脂肪を取り除けば長さだけは回復するであろう。更に痩せなくっては!早さは直せない。日常の生活の時は情熱的である南米系の女性だが、あの時はとっても淡白、ってな人を探すしかないなあ~。いねえよ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。